ケンチク者

一応建築家、kisshのお気楽極楽おマヌケ話と時々マジメな諸考察&
木彫りのテディベア“アルダー”のワガママ大冒険&
スーパー裏から脱走した段ボールの叙情派仲良し日記。
おいしいもののブログじゃないハズなんだけどなあ。
おかしいなぁ、ドコで間違ったんだろう。
またの名を“バーグの達人”&“甘味処の達人”という。
鰻の老舗で名店はやっぱり美味い 神田きくかわ
JUGEMテーマ:グルメ

鰻好きである。 あくまでも俺的に都内で鰻と言ったらココ、というベスト3を上げるなら、松陰神社前の一二三浅草の色川、そしてこれから紹介する神田きくかわであることは間違いない。 しかし鰻が高騰しているらしい。 

どうやらどこでもかなりのお値段になっているらしい。 実際のところ、この神田きくかわでは、仕入れごとに値段が変動するほどだそうだ。
 でもまあ値段のことなんざ後にして、まずはこの麗しき鰻重のお姿だ。  
このしっぽが折り返されてるのが、きくかわ流だ。 これが(ロ)の1尾半付のお重で、ご飯大盛りだ。 素晴らしい。
なお大盛りは無料だ。

数ヶ月前はもう500円ほど高かったらしいが、これを食いに行った5月中旬時点では、1尾付の(ロ)が3900円、1尾半付の(ハ)が5200円、2尾付の(ニ)がなんと7500円だった。

さすがにそれではと言うことか、1尾弱の(イ)というのが新たに加わってそれでも3500円と、ナンともまあなお値段ではあるのだが、神田きくかわであるからして、ある程度やむを得ないのか、というか、きくかわをしてもここまでしないと利益が出ないほど鰻の仕入れ値が高騰しているのかと驚愕する他は無い。  
もともとは(イ)が1尾、(ロ)が1尾半の小、(ハ)が1尾半の大、(ニ)が2尾というラインナップで、俺の記憶が確かならば数年前は(ハ)でも3000円台後半だったんじゃなかったかなあと思うんだけど、どうだったかなあ。
 んで、最初の鰻重の鰻のどアップがこちら。  
うーむ、このテリテリ感がたまらん。 
見てるだけで食いたくなってくる。 
鰻はふっくら柔らか、でも脂がのって、焼かれてパリッと香ばしく、タレも甘過ぎず辛過ぎず、老舗の年期を感じる旨味とコクの味わいだ。 
とにかく美味い。 
やはり神田きくかわは値段のことなど忘れて、美味い鰻をただひたすらにガッツリと食いたい時には、圧倒的にオススメである。 
  
絶対オススメ店。
神田きくかわ 
住所:東京都千代田区神田須田町1丁目24番2号
TEL:03-3251-7925・1506 
FAX:03-3254-3739 
営業時間:年中無休 
     月〜金 11:00〜21:00(L.O.20:30) 
     土・日・祝 11:00〜20:00(L.O.19:20) 
     その日の分が売り切れたら終了 
神田駅から淡路町の方に向かってすぐ 
東京メトロ銀座線の5番出口を出たらすぐ横 
メトロの階段にまで鰻の煙の美味そうな香りが漂ってるぞw 
お弁当はそれぞれ100円引き 
鰻の値段は相当ちょくちょく変わるらしいので注意
| kissh | おいしいもの | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:16 | - | - |









http://kissh.jugem.cc/trackback/782
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ