ケンチク者

一応建築家、kisshのお気楽極楽おマヌケ話と時々マジメな諸考察&
木彫りのテディベア“アルダー”のワガママ大冒険&
スーパー裏から脱走した段ボールの叙情派仲良し日記。
おいしいもののブログじゃないハズなんだけどなあ。
おかしいなぁ、ドコで間違ったんだろう。
またの名を“バーグの達人”&“甘味処の達人”という。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
祖父の彫刻 風神・雷神の像
先日、祖父が作ったお雛様の彫刻を紹介したときにちょっと話題になった、俺がモデルをやった「風神・雷神」の像を実家に寄ったついでに撮ってきたのでご紹介。

戦前からある祖父のアトリエは棟高6メートル以上あり、切り妻の三角屋根で、その屋根の北斜面に大きなトップライトがある、典型的なアトリエ建築。
北面採光と言って、北側の開口部というのは一日中安定した採光が得られるので、アトリエなどの直射日光を得るより、安定した光が入る方が良い部屋の場合に用いられる手法。
全体像の写真撮るの忘れちゃったよ(笑)
中には祖父の彫刻が所狭しと並んでいる。

これらはだいたい石膏像。
粘土で形を作って型取りし、石膏を流して着彩するのです。
祖父の彫刻の特徴なのですが、古いものほど普通の人物像(上の写真参照)など具象的な彫刻なのですが、晩年になるにつれ、仏像などの仏教的な像(下写真参照)が多くなっているのが面白いなぁと。


そんな中で作られた一対二体の像が俺がモデルになった「風神・雷神」。
風神は倉庫にしまってあったので、引っ張り出してきました(笑)
高さ1.2メートルほどの彫刻です。


短パン一丁になってこのポーズを取ること1回1〜2時間×数日。
スケッチから始めて、粘土で形を作るまで、段階ごとに同じポーズを取ったのを思い出します。
たぶん肉の付き方とか、そういうところを見ていたんだろうなぁと。
昔の俺はこんな身体だったんだぁ、と感嘆(爆)
上半身のアップはこれ。


雷神の方は玄関に飾ってありました。
下の方のシーサーは関係ないです(笑)


微妙に風神と違う体躯。
カッコイイなぁ。


ちなみに、風神・雷神像の元はというと、京都蓮華王院(三十三間堂)にある鎌倉時代の木像で、国宝に指定されています。
それを祖父なりに表現したもののようです。
詳細は聞いていないのでわかりませんが。

倉庫にも彫刻がいっぱい。




写真には大きなモノしか写っていませんが、小さなものや、石彫りのものなど、色んなものがあります。
自分的に懐かしい、思い出の彫刻ばかりです。
| kissh | アート | 14:36 | comments(14) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:36 | - | - |
こんにちわー。すごいですねー!
こんな大きな像だとは思わなかったので、
まず大きさにビックリ。
そして風神雷神の肉体美にウットリです(笑)
| すもも | 2005/03/14 3:56 PM |
マッチョメンですな。
驚いた。

しかし想像を遥かに超えるクオリティ。
数も半端ではないですね。
もっと素朴な趣味的なものを勝手に想像してただけにかなりの不意打ち。
| rockanddance | 2005/03/14 5:05 PM |
かっくいい!!
仏像見て落ち着くのは、日本人だから?
いや、いいもの見せてもらった。

風神・雷神、すごくいい!
今にも動き出しそうな迫力ありますね。
人物像と仏像が巧く融合してるってゆーか。
はぁ、いいなぁ。
惚れ惚れしちゃいますね。

にしても、昔はこんなにマッチョだったのですね。
で、今はどう?
さては、毎度毎度、旨いものの食い過ぎだな(笑)
| × | 2005/03/14 10:13 PM |
すもも様>>
けっこう大きいんですよ。
床に置いて胸くらいまではあります。
俺がモデルをやったとは言ってもかなーりデフォルメされてますから!

rockanddance様>>
当時の俺もこんなに凄くはないです(爆)
一応、プロとして彫刻家で飯を食ってた人なので。
日展の特別会員にもなっていたんですよー。

x様>>
お褒めいただきどうもです。
いい仏像が沢山あるのです。

当時もここまでマッチョではありませんでしたよー。
一応サーキットトレーニングはしたりしてましたけどね。
今ですか?
見る影もありません(爆)
| kissh | 2005/03/14 10:28 PM |
彫刻の凄さに驚いたけど、もっと驚いたのが、kisshさんの服の下に、“なかやまきんに君”が隠されていたのが驚愕の事実でした!

生で見たい彫刻ですね〜。
凄く力強さが伝わってきます。
怖いくらい(笑)
| kawakero | 2005/03/14 10:48 PM |
すげぇェェェ・・・。
でも、シーサーに笑った。
スマソ。
シーサーって、
その昔。
家を新築したとき、屋根を作った残り土で
大工の棟梁が、家の家長に顔を似せて
作ったもんなんだって。

| よしお | 2005/03/14 10:50 PM |
見たかったんだ!風神・雷神像
ディフォルメしてても
kisshさん、昔?!はマッチョだったのね

おじい様って凄い人だったんですね
その血を引いてるんだろうね・・・

あたしは彫刻を見るのが好きなんですね
筋肉のつき方なんか、マジマジ見ちゃってね(笑)
あたし、密かに顔つきがkisshさんなのかと
思ったりしてた
なんか・・・こう・・・勇ましさっていうか
キカンキな感じが風神の雰囲気に出てるのかと
思ってた
| coco | 2005/03/15 8:09 AM |
うはぁ
何だろうこの迫ってくるのは
この風神雷神はこちらに向かってくる迫力を感じます。
ただ立っているのではない
前に進んでいくという強さというか意思みたいなもの。

うはぁ…
スゴイ。
圧倒されました。
| jump | 2005/03/15 9:18 AM |
何、何! これがkisshさん?
よしお、急いで横浜に出稼ぎの準備を。
an anの抱かれたいなんとかに応募しとくよ!
| プチコ | 2005/03/15 9:28 AM |
kawakero様>>
“なかやまきんに君”は隠れていません(笑)
あくまでも20年前の話です(遠い目)
ウチにお越し頂ければご覧にいれます。
拝観料は・・・。

よしお様>>
シーサーはね、確かお袋がどこかから買ってきたの。
全然関係ないんだよね。
一応厄よけらしいからイイ事にしておいて。

coco様>>
デフォルメしすぎですから。
ここまで凄くはなかったですから。
顔もこんなに怖くないですから(笑)

jump様>>
ああ、やっぱりjumpさんは上手いこと言うなぁ。

>ただ立っているのではない
>前に進んでいくという強さというか意思みたいなもの。
俺もそんな感じがしますね。
2体並べるともっと迫力あるんですよ。

プッチコ様>>
待ってるわー。
早く来ないとお腹が出ちゃう(もう遅い)

an anの抱かれたいなんとかに風神と雷神を応募するの?
渋いなぁ(笑)
| kissh | 2005/03/15 10:08 AM |

プチコへ。
今夜、深夜バスで上京するよ!
六本木ヒルズで松!
| よしお | 2005/03/15 10:03 PM |
よしお様>>
明日着?
じゃあ、朝10時にヒルズで。
ムニロ予約しなきゃ(・∀・)!
| kissh | 2005/03/15 11:57 PM |
すごい!かっこいいね!!
でもせっかくかっこいいのに
モデルがkisshということで爆笑・・・
彫刻家だったって、すごいね〜

| tori | 2005/03/17 3:13 PM |
tori様>>
あらあら、誰かと思ったら相方じゃないすか。
ごぶさたごぶさた。

ナンで俺がモデルって言うんで爆笑なのよ!
失礼な!(笑)
そうなのよ、彫刻家だったのよー。
| kissh | 2005/03/17 6:26 PM |









http://kissh.jugem.cc/trackback/313
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ